ABOUT THE SYSTEM

エムスペースデザインでは「3デザイン提案/1デザイン納品 」というシステムになっています。
このシステムはあくまでスタンダードなプランなだけであって、クライアントの予算やプロジェクトの規模に合わせて最適なプランをご提案できるように努めています。
デザイン3提案」は、これくらいがベストな提案数だと考えるロゴデザイナーが世界中に多い事が最大の理由なんですが、では何故3案なのかというと1案では基本的に話にならない。2案では選択肢が少ない。4案以上となると迷い過ぎる。という理由から3案がベストだとされているそうです。
僕は提案数とは「方向性の数」だと考えていて、ヒアリングを通じて、そのプロジェクトに対して「試す価値のある必要なデザインの方向性の数」を双方の間でしっかり定めた段階で提案数を決める事がほとんどなんですが、不思議と見えてくる方向性が3つになる事が多いのが面白いところなんですよね。
コンセプトシートとTYPE- A / B/ C 3つのロゴデザイン、そしてそのメインの3案のアレンジバージョンを中心にサブ案数点も制作するように心がけております。・・・が、あくまで3案の場合は方向性は3つ。4つ、5つ以上の方向性を検討してみる必要がある場合、その時には「提案数の追加」を打ち合わせ時にお申し付け下さい。※有料オプションとなります。
●ご依頼を頂いた後、ヒアリングシートを送らせていただきます。社名・事業内容はもちろん「自社の強み」や「特化性」。「ターゲット層」「これから目指す方向性」「ロゴの希望イメージ」等、ご回答いただき、このヒアリンングシートをもとに打ち合わせをさせて頂きます。
その際にエムスペオリジナルの『ロゴサンプル100』を使用して、ロゴの形状/カラー/フォント(書体)などのイメージを双方で刷り合わせながら、方向性を見つけ出していきます。
●ご提案時には「コンセプトシート」をはじめ、何故モチーフがこうなったか?など、制作に至ってという制作者である僕の思考の流れを見える化した「マインドマップ」をデザイン案と併せて提出致します。
●3デザイン案は1案につき一枚のシートにまとめてご提案させていただきます。サブ案は複数案一枚のシートにまとめます。
プロジェクトの内容にあわせて、黄金比や白銀比を応用したグリッドも作成させていただきます。
その後提案させていただいたラインナップの中から、一案お選びいただき(場合によっては2案の時もありますのでお気軽にご相談下さい。)修正作業を開始してまいります。制作期間は、打ち合わせをさせて頂いてから2~3週間を目安にさせて頂いております。
納品時には「著作権譲渡書」と、カラー数値や使用したフォント(既存フォントを使用した場合)の情報詳細をまとめた「簡易仕様書」を無料発行致します。
※プロジェクトの内容によって
エムスペースデザインのスタンダードなプランには特殊な例外を除いて、ディレクション(企画/打ち合わせ等)や、修正回数無制限という特典が盛り込まれています。もちろん著作権譲渡も無料です。
著作権無料で譲り受けて当然だと僕は考えています。デザイン料金よりも高く権利を売るシステムもあるようですが、僕の考えは違っていて、ご依頼を頂き、ロゴをご提供させていただいたら「著作権」は無償でクライアントに譲渡するべきだと考えています。 「デザイン制作費より譲渡書の方が高額だ。」なんてことは考えられません。
進行手順や、オプションについての詳細はMSD WEBSITEの「SYSTEM」と「FAQ
さて、今回はエムスペースデザイン「3デザイン提案」の意味とその内容について書いてみましたが、他社(他者)様のプランも気になりますよね?
そんな時は是非下記をご参照ください。なんと「73社分のロゴデザインプラン」がまとめられています!

https://www.design-47.com/entry/logo 

ロゴデザイン制作だけに終わらず、名刺制作からホームページ制作まで、企業(ベンチャー/団体)のスタートアップに必要な各種ツールを一括してお申込みいただくことも可能です。お気軽にご相談下さい!

ロゴ制作のご依頼が初めての方は是非「はじめてのロゴ制作依頼。〜重要な5つのポイント〜」をご参考下さい。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です