やることリストより、やったことリストを作ろう。

やることリストは夜つくろう。いや朝つくろう。
いろんなビジネス書で意見が様々ではありますが、実際のところよるだろうが朝だろうがどっちでもいいのです。
僕の場合、夜に明日の最優先すべき仕事を先に書き出し、重要な順番にリストを上から並べています。これがやることリストの基本的な作り方です。
ただ、特別細かい時間は書き込みはしません。
ざっくりとした時間管理です。起きてから寝るまでを「100%フル稼働」と例えるならば、おおよそ「60%」くらいでしょうか?
なぜざっくりとしたスパンでしか計画を立てないかというと「突然のオファー」や「急な打ち合わせ」クライアントからの思いがけない「変更依頼」などなど。
「やることリスト」通りに一日が順調に進むなんてことはほとんどないからです。
だからこそ、
「やることリスト」以上に大切なのが『やったことリスト』を作ることなのです。
自分が今日一日仕事で何をしたか?
日記のような感覚でその日一日何を創ったか?ラフスケッチをいくつ描いたか?どのクライアントとどんな打ち合わせをしたか?
一日にこなした仕事を「記録」していくのです。もちろんできなかったことがあればそれも書き残し、それを次いつやるかをその日の夜のうちに決めてしまいます。
できればその日「調子が良かった」とか「調子が悪かった」を自分だけにわかる記号でもいいし、ダイレクトな言葉で書き込んでおくのもいいですね。
振り返って読み返した時、「そうか、こんな時はこうやって切り抜けたんだ。」「そうかこのタイプのクライアントに振り回されたから、この月の売り上げが悪かったんだ。」といった具合に、後から役に立つ時が必ずやってきます。
僕は外出時はできるだけコンパクトに荷物をまとめたいミニマリストの僕は手帳よりスケッチブックを優先してカバンに入れておきたいので、リストの管理にはジョルテというアプリを好んで使っています。 手帳を使うかアプリを使うかは皆さんのお好み次第。使いやすい方を選んで、とにかく毎日書き続けることが重要です。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です