衝動

自分の才能とセンスで飯食っくんだ」って決めたのが17歳の時。

何の自信があったのかは謎だけど、それから25年経った今、いつのまにかそうやって生活してるのは、細胞レベルで「クリエイティブ」が全身に染み渡ってるんだろうなって思います。

クリエイターってそんな生き物だと思うんですよね。

若い時と今何が違うかっていうと「クリエイティブ」のパワーを自分のためにじゃなくてクライアントのために発揮するように、自分の中にある「クリエイティブパワー」のバランスをきちんと調整できるようになったこと事。

寄り道しながらも、なんだかんだと良い具合の速度で今日まで突っ走ってきました。

来年からちょっとワークスタイルを変えてみようと思ってます。
月曜〜金曜の平日は「クライアントワーク」

土曜は「セルフワーク」

日曜・祝日は「インプット」

こんな感じでバランスうまくとれたらいいんだけど、なかなかそううまくはいかないかな〜

「描きたい」「創りたい」という衝動はもうどうしようもないんですよね。

ワーカーホリックとかじゃなくて、それが「人生」そのものなんですよ。

たぶん僕本性はドMなんでしょうね。笑


アイディアに煮詰まった時
世界観を大切にしよう
映画は芸術の集大成
オンもオフのない

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です