実績数は命綱

数を誇るな! こんなナンセンスな事を
言う人が未だにいるようです。

フリーランスにとって「実績数」はそのまま
「 社会的信頼度」に直結します。

例えば、僕はホームページやSNS・facebookなど
発信する場では「現在ロゴ実績803社!
といった具合に3桁の数字を、はっきりと打ち出しています。

リアルな「数」を記載し、その数字を「更新」していくことで
エムスペースデザインの「近況報告」や「最新情報」を伝えて
いるわけです。

 

これ、みなさんが考えている以上に「大切」です。

 

正直、ホームページのトップ画面やSNSのプロフィール欄に
実績数を載せているのは、ビジュアル的にも
「あまりカッコよくはないなぁ」と、僕自身よくわかっています。

それでもやっぱり「大切」なんです。

当然ながら、格好つけていても仕事の依頼はきませんからね。

 

「リアリティ」→「REALITY」

「信頼性」→「RELIABILITY」

 

ほら、英語に変換してみるとスペルも似ている!

無理矢理こじ付けて書いたパフォーマンスなのか?
それとも本当に意味があるのか?

それはこのブログを読んだあなたが、実際に僕と
同じように「リアルな数字」を発信し続けること
明確な答えが出てくると思います。

まだ駆け出し実績がない。フリーランスの方々へはどうすれば良いか?

「実績」がない場合でも、なんとしても自分が
「何者」で「何を得意とし」それを活かして
「どんなサービスを提供できるのか」を明確に
発信しましょう。


ポートフォリオを充実させよう
トライ&エラー
フリーランスであるということ
休日の使い方が運命を分ける

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です