クライアント対応

時にはクライアントの要望次第では、独自のクリエイティブシンキングを横に置き、ニーズに応える必要もあります。 これがアートとデザインの最も異なる箇所であると僕は考えます。しかし、クライアントの要望・意見をなんでも笑顔でOK […]